日本のタクシーは世界一

私は中国に住んでいます。
時々、海外旅行にも行きます。
中国や海外旅行の時、タクシーをよく使います。

日本にいるとタクシーは高いイメージがありますが、外国ってタクシーが安いんですよ。
だから、日常の交通手段として地元の人もよく利用するんです。
外国でタクシーを探す時、よく困る問題に陥ります。
それは、タクシーがつかまらないことです。
国や地域によっては、タクシー自体がつかまらない場合もありますが、ここでいうタクシーがつかまらないとは別のことです。
ここでいうタクシーがつかまらないとは、乗車拒否されるということです。
よくあるパターンが、「方向が違うからダメ。」、「もうすぐ仕事が終わる時間だからダメ。」、「近いからダメ。」、「遠すぎるからダメ。」などなどです。

「その場所、知らないからダメ。」という理由で乗車拒否されるんだったら、許せるんですけどね。
日本だと、タクシーに乗車拒否されたことは一度もありませんでした。
他に外国のタクシーが劣っているなと感じるのは運転手の知識です。
日本でタクシーに乗ると、100%目的地まで連れて行ってもらえます。
日本のタクシーの運転手は、どこでも知っていて、すごいと思います。
日本にいた時はそれが普通だと思ったのですが、外国でタクシーに乗って、目的地に連れて行ってももらえなかったことが多かったので、日本のタクシーの運転手のレベルの高さを知ることとなりました。
自分の知っている場所だったら、自分が道案内すれば済むので、まだマシですが。
時々あるのは、タクシーに行き先を告げた時は、自信を持ってOKして、車を出すんですが、実は目的地を知らず、目的地の近くでウロウロした挙句に見つからず、結局目的地に着かない場合です。
特に、目的地がわからないからタクシーに乗ったのに、目的地に着かないって、不愉快極まりないです。
しかも、ウロウロしていた時のメーター分もしっかり取られますし。
時々、親切な運転手がいて、代金をまけてもらえます。
他にあった不愉快な体験は、目的地に間違えて行かれて、お金をメーター分請求されたことです。

もちろん、抗議はします。
たとえ言葉が通じなくても、日本語で文句を言っていれば、安くしてもらえますから。
しかし、それでもこちらが損をしているし、謝ることもしないので、不快に感じます。
中にはちゃんと謝ってくれる運転手もおり、そういう人にはお金を払ってあげたいとは思います。
ぼったくりのタクシーも時々ありますね。
メーターを倒そうとしない運転手は、まず、ぼったくりだと思って間違いありません。
海外のタクシーを利用して、不愉快な思いをして初めて、日本のタクシーのレベルの高さを知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です